世界のなんでやねん!

*

【ベルギー】フランダースの犬 ロケ地巡りの旅【アントワープ】【ホーボーケン】

      2016/02/04

まいど\(^o^)/

 

ベルギーといえば…
ワッフル、チョコレート、フリッツ、ビール、ムール貝、小便小僧、小便少女、小便犬、フランダースの犬、漫画…
ってな具合に、名物だらけなんです!!!

今回はフランダースの犬についてピックアッップします\(^o^)/

フランダースの犬ってどんな話やったっけ?

19世紀のなかば、 ネロという名の アルデンヌ生まれの少年が 二歳の時に母親がなくなったために、アントワープ近郊のホーボーケン村に住む、祖父のイェハン・ダースに預けられました。
ある日、ネロとイェハンおじいさんは 道端で死にかかって倒れている一匹の犬を見つけ、家につれて帰って パトラッシュという名を付けました。
おじいさんの看護のおかげで、パトラッシュは再び元気になり その時から、ネロとパトラッシュとは固い友情で結ばれることになります。
イェハンおじいさんは、村の農家から預かった 牛乳 アントワープの町まで運んで売る仕事で細々と生計を立てていました。
パトラッシュは、感謝の気持ちから 荷車を牽く仕事をし始めそれ以後、ネロとパトラッシュとで アントワープまでの道を毎日往復することになります。
ネロには アロワという友達がいました。 彼女は村で一番のお金持ちの家の子でした。
しかし彼女の父は、娘が貧しい少年と関わり合うのを嫌っていました。
ネロには他に誰一人知らない素晴らしい絵の才能があり ルーベンスのような画家になることを夢見ていました。
彼は、少年のための絵画コンクールに出品するつもりでした。 もし一位になれば、年200フランの奨学金が貰え、そうしたらばこの先、絵を本格的に勉強することが出来ます。
イェハンおじいさんが亡くなった後、ネロは アロアの家の風車に放火した疑いをかけられ、村の人々から冷たくされるようになって仕事も少なくなり、家賃の滞納から住まいを失、 望みをかけた絵のコンクールにも落選し、失意の内に、ネロとパトラッシュはクリスマスのミサの終わった 聖母教会に入って行きます。
翌朝、ルーベンスの傑作「 キリスト降架」の絵の下で 硬く抱き合ったまま死んでいる彼らが発見されました。

ベルギーに行く前に、フランダースの犬の劇場版DVDで予習しました。
改めて観てみた感想。

泣くどころかネロの不幸三昧に、何度も笑ってしまいました…(笑)
なんてこった!!!!!(・д・)

幸の薄い三人組。(ネロとおじいさんとパトラッシュ)

ネロはとことん不幸な少年で、周りにも不幸を撒き散らすではありませんか。

アロアも変わり者だと思います。(優しさは認めます)

村一番の大金持ちのアロアと超絶貧乏のネロという、かなり不自然な組み合わせ…。
どう考えても、おかしいやろ!!!!!!!
家が近いからですね~。

今は子供だからいいけど、もしネロが生きていて大人になった時、金銭感覚の違いに付き合いきれなくなると思いますよ。

アロアは学校に行ってるのなら、ネロばかりに執着しなくても、ネロ以外にも友達は出来るはず・・・。

とことん不幸は不幸を呼び起こす。
貧乏人はやはり貧乏人のままなのか…。

アロアの誕生日会の日の前日に限っておじいさんか死ぬとか、どんだけ!!!!(・д・)

せめて最後のシーンだけは泣いてしまうのかと思ってましたが、やっぱり笑ってしまいました…。

フランダースの犬の舞台、アントワープまでの行き方

 ベルギー国鉄(NMBS / SNCB)の路線が国内に伸びて他都市からのアクセスが便利。所要時間はブリュッセルから45分、ゲントから50分、ブリュージュから1時間20分。ブリュッセルとアントワープ間は片道6.60ユーロの安さです。

ヨーロッパの主要都市からはタリスなど高速特急が乗り入れており、パリとアムステルダムからはそれぞれ約2時間の近さ。空港が中心部から7キロ離れた郊外にありますが日本からの直行便はありません。

私はブリュッセルに滞在していたので、列車で日帰りで行きました。

o0640048013071144681

アントワープ駅のインフォメーションにフランダースの犬のお散歩マップが売ってるらしいので行ってみましたが、韓国語しかありませんでした…。

なんでないの!

o0640048013071152283

アントワープの駅から中心部までは歩いて10分くらいです♪
有名店がいっぱいの繁華街になってます。

 ネロが憧れていた画家、ルーベンスの家へ!

o0480064013071152296

 ルーベンスの家 (Rubenshuis (Rubens House))
フラマンの画家ルーベンスが家族と一緒に暮らしたバロック様式の邸宅。建物は自ら設計し、死ぬまでここで過ごした。1946年に再建され、現在は市立博物館として一般公開されている。

o0640048013071152333

外から見たら小さな家なのかと思っていたら…

o0640048013071152343

中は結構広いです!!さすがルーベンス!!!!

o0640048013071152365

左の肖像画はルーベンスの再婚相手で、16歳で53歳のルーベンスと結婚して、5人の子供を産んだそうです。

うーん、16で53と結婚………
金か???

そしてルーベンスはロリコンだったのか…(・д・)?

色々考えさせられました…(笑)

<DATA>
Rubenshuis
住所:Wapper 9-11
TEL:+32 (0)3 201 15 55
開館時間:火~日曜10:00~17:00
入館料:6ユーロ、26歳以下は1ユーロ

 ノートルダム大聖堂をバックにルーベンスの像の写真を撮ろう!

o0480064013071160652

アントワープの中心部へ♪
ノートルダム大聖堂が見えて来ました!!
その手前にはルーベンスの銅像があるはずなんですが…

じゃーん!!!!!!

 

工 事 中 !!!!(・д・)

 

o0640048013071713686

あの~。
このようなノートルダム大聖堂をバックに、素敵な写真を撮りたかったんですがー…(´θ`llll)

 「フランダースの犬」に登場するノートルダム大聖堂

o0640048013071160660

 聖母(ノートルダム)大聖堂 (Onze Lieve Vrouw Kathedraal)
123mという高い優雅な塔を持つ大聖堂は、1352年から実に170年余りの歳月をかけて建造された。聖堂内部には「フランダースの犬」で有名な「キリストの降架」を含む、ルーベンスの秀作4点があり見逃せない。大聖堂の鐘楼部分は「フランドル地方とワロン地方の鐘楼群」としてユネスコ世界遺産に登録されている。

フランダースの犬の劇場版DVDでおさらいしてきた所なので、気分は高まります♪

o0480064013071160663

うん。
DVDで見たのと似てるけど、こんなに椅子は並んでなかったです(笑)

o0480064013071160678

 ネロがお金が無くてなかなか見れなかったルーベンスの絵『キリスト降架』

o0640048013071160688

ルーベンスの傑作群『キリスト降架』(1611-1614年)の作品がこちらです!!
この大きな絵の前で『フランダースの犬』の主人公ネロと愛犬パトラッシュが天に召されました。

o0640048013071856272

 かつて聖堂内では、『キリストの降架』と『キリスト昇架』の両作品の前に厚いカーテンが覆われていたそうです。銀貨を払った人だけに公開が許された絵画だったため、貧しいネロはこの絵を見ることができず悲しみにくれるのです。
『フランダースの犬』の原作者である英国の女性作家ウィーダは、実際に前世紀中盤まで行われていたこの悪しき習慣を、物語の中でネロ少年を通して、さりげなく告発しているといわれています。

現在は厚いカーテンで覆われることなく、誰でも見れるようになっています。(入場料はいります。)

そして教会にネロとパトラッシュの記念硬貨が売っているとガイドブックに書いてありましたが、売ってませんでした…。

なんでないねん!

 

<DATA>
Onze-Lieve-Vrouwekathedraal
住所:Handschoenmarkt
TEL:32 (0)3 213 99 51
開館時間:月~金曜10:00~17:00、土曜10:00~15:00、日曜祝日13:00~16:00、祝日前日10:00~15:00
入館料:5ユーロ、12歳以下は無料

 教会の前にはベンチ扱いされているネロとパトラッシュの記念塔が!

o0640048013071161397

教会前には、トヨタが寄贈したフランダースの犬の記念塔があります。

o0640048013071161399

一応記念塔なんですが、普段はベンチとして使われています・・・(笑)
残念ながら、ベルギーでは日本ほどフランダースの犬は有名ではありません。
なぜならフランダースの犬の物語は英国人が書いたもので、日本や英国では有名ですが、ベルギーでは近年まで全く知られていなかったのだとか・・・。

o0640048013071161403

「フランダースの犬 」
この物語は悲しみの奥底から見出す事の出来る本当の希望と友情であり、永遠に語り継がれる私達の宝物なのです。

o0480064013071160740

このノートルダム大聖堂の前でネロとアロアが、きゃっきゃはしゃいでいた光景が目に浮かびます。
さすがにここでは日本人観光客の姿を沢山見かけました。

 ここでネロが応募した絵画のコンクールの発表がありました

o0640048013071880993

 アントワープ市庁舎 (Antwerpen Stadhuis)
1561~65年に建立。建設はイタリア人が参加したことから、当時のこの地方では例のないイタリア&フランドル・ルネッサンス様式になっている。鐘楼部分は「フランドル地方とワロン地方の鐘楼群」のひとつとしてユネスコ世界遺産に登録されている

市庁舎のホールは、ネロ少年が最後の望みをかけた絵画コンクールの発表があった場所です。結果は残念ながら落選。
ネロの悲しい運命の場所となってしまいました。

o0480064013071881056

その前にはブラボーの像があります。

ブラボーが投げようとしてるのは足元に倒れてるアンティゴンの切り落とした手です(・д・)
本来ならこの手から、血と見せかけた噴水が出てるはずなのに、私が行った時は出てませんでした…。

なんでやねん!

 

<DATA>
■Grote Markt,Silvius Brabo
■Stadhuis マルクト広場の市庁舎
住所:Grote Markt 1
TEL:+32 (0)3 220 80 20

 ネロとパトラッシュが毎日牛乳を運んでいた道!

o0640048013071881113

MELKMARKT(牛乳市場)という名のストリートがあります!!
ここはネロとパトラッシュが、ホーボーケンの街からアントワープまで毎日牛乳を運んでいたことからついた名前です!!!!

o0640048013071881352

o0480064013071881512

o0480064013071881455

o0640048013071881763

ここを牛乳運んでたんですね♡

 ネロとパトラッシュが住んでいた村、ホーボーケンへ!

o0640048013072778935

 「フランダースの犬」の舞台となったのは、大聖堂のあるアントワープと、ネロやパトラッシュ イェハンおじいさんやアロア一家が住んでいたとされるホーボーケン村ですが、ホーボーケンはアントワープ市の中心から5kmほど南に位置しており、この小説が書かれた当時は村でしたが、今現在はアントワープ市に編入されており、ベルギー王国フランダース州アントワープ県アントワープ市ホーボーケン区となっています。

多くの日本人観光客はアントワープ止まりなんですが・・・

私はここでは終わりません!!
せっかくなのでネロとパトラッシュが住んでいた村ホーボーケンまで行ってみることに。

o0640048013072778999

アントワープの中心地からトラム(2か4番線)に乗ること20分。
ホーボーケンは終点なので行き方は簡単です♪

o0640048013072779086

o0480064013072779121

o0480064013073168225

ネロとパトラッシュは、ホーボーケンからアントワープまで毎日牛乳を歩いて運んでいました。

 まずはネロとパトラッシュを探しに行きます

o0640048013072779153

トラムを降りて少し歩いて曲がった所に…

いたっ!!

o0480064013074839551

ネロとパトラッシュの銅像は1985年に建てられたもので、フランダースの犬を取り入れた「ズスケとウィスケ」という漫画を出版し、
その後「フランダースの犬」のオランダ語訳の本を出版したde Standaardという出版社がスポンサーになって作られたものです。

ネロほそっ!!(笑)

町おこしの一環としてこの銅像が建てられたそうです。

o0480064013072779171

なんかお墓みたいになってますね…(笑)

o0480048013072779180

o0480064013072779203

地面にもネロとパトラッシュの絵が♪

o0480064013073168240さすがにここまで来てる観光客は誰一人いませんでした(笑)

<DATA>
Beeldje van Nello en Patrasche(ネロとパトラッシュの銅像)
住所:Kapelstraat 3

 フランダースの犬のお土産が買えるとこってあるん?

o0640048013073169720

せっかくここまで来たので何かを買いたい。
近くのお店にフランダースの犬関連の物が売ってるお店を教えてもらってやってきました。

キオスクという名前のお菓子屋さんです。
キオスクって薬局みたいやん(笑)

o0640048013073169736

o0640048013073169757

ネロとパトラッシュのチョコレート♡

o0480064013073169771

こちらはクッキー♡

o0640048013073169787

o0640048013073169808

少女漫画風フランダースの犬(笑)

o0640048013073169812

タンタン風フランダースの犬(笑)

o0480064013073169794

o0640048013073169821

o0480064013073169824

o0480048013073170017

私はこれを購入しました♪
マグカップと(グッズはそれくらいしか売ってなかった…)チョコレートです♡

そしてキオスクの前には、物語中でネロとパトラッシュが眠るとされる後期ゴシック様式の聖母教会(アントワープ中心地にある聖母教会とは別)があります。
残念ながらこちらの教会には『フランダースの犬』に関する記念碑のようなものはありません。

<DATA>
■Kiosk(ベーカリー)
住所:Kioskplaats 85-87
TEL:+32 (0)3 827 87 51

ネロが住んでいた ホーボーケンの街並み

o0640048013073171073

「フランダースの犬」の物語の中では、戸数20件ほどの集落となっていますが、実際には1870年代初めのホーボーケンの人口は2700人ほどでした。
ですから、ホーボーケンの中の一つの集落ということで彼らの住んでいる場所を描写したのか、それも全くの創作として描いたのかのいずれかだと思われます。

せっかくネロとパトラッシュが住んでいたホーボーケンまでやってきましたが、やることがありません(笑)

ネロとパトラッシュが毎日歩いた、アントワープまで続く道に行きたかったんですが、キオスクのおばちゃんにも聞きましたがどこかわからないそうです…。
仕方ないので自分で探すことに。

o0640048013073171087

o0640048013073171102

o0480064013073171124

とにかく人が い ま せ ん !!!(笑)

o0640048013073171132

ネロとパトラッシュが毎日歩いた道も見つけ出すことは出来ず、諦めました(笑)

o0640048013072779141トラムでアントワープまで戻りました。

ホーボーケンからアントワープまで結構距離があります。
この片道5Kmの距離を毎日歩いて牛乳運んでたなんてスゴすぎです!!(笑)

次の旅先は決まりましたか?

みなさんもベルギーまでフランダースの犬のロケ地巡りをしに行ってみませんか\(^o^)/

ほなっ!


 - めっちゃええやん , , , , ,

pc用

pc用

  関連記事

o0800080013185855463
【絶景】マルタ島にあるポパイ村が可愛いすぎる件【お勧め観光スポット】

まいど\(^o^)/ 地中海に浮かぶ美しいマルタ島。 マルタにある隠れ絶景ポイン …

o0800080013209507939
【なんでやねん】 実はオーロラは白かった!!なんで写真に撮ると緑になんねーん!!!!!【知らんがな】

まいど\(^o^)/ オーロラ観測しに、アラスカのフェアバンクスへ行ってきました …

1622231_10202323550303168_86549760_n
【天空の城ラピュタ】ラピュタと一緒に空中都市マチュピチュへ!【ペルー】

まいど\(^o^)/ みなさん、南米ペルーのマチュピチュに行ったことありますか? …

1509940_10202316083036491_157409283_n
【ウユニでクリスマス】絶景ウユニ塩湖でサンタコス!【ウユニ定番観光スポット】

まいど\(^o^)/ クリスマスにウユニ塩湖に行ってきました!   ウ …

RIMG0608
【世界一お金持ちの国】リーズナブルにセレブ気分を味わうならブルネイへ!【7つ星エンパイヤホテル】

まいど\(^o^)/ みなさんブルネイをご存知ですか? ブルネイは東南アジアにあ …

o0480048013054209047
【ドバイ】世界一だらけの街で体験できる 世界一10選!【アラブ首長国連邦】

まいど\(^o^)/ 数多くの「世界一」「世界最大」を有する中東ドバイ! とにか …

o0800060013192811389
本物のサンタクロースに会える!!クリスマスはフィンランドのサンタクロース村へ♡

まいど\(^o^)/ もうすぐクリスマスですね♡ 私は小学3年生までサンタクロー …

155
【世界の中心?】満点の星空の下で野宿!エアーズロック完全ガイド!【とにかく蝿がすごい】

まいど\(^o^)/   映画「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地にもなっ …

15284833_10210249378603922_8278922892932674604_n
【死ぬまでに行きたい絶景!】 往復12時間かけて交通機関を8本乗り継いで1人で愛のトンネルへ【ウクライナ】

まいど\(^o^)/   恋人と一緒に歩くと願いが叶うと言われているロ …

o0800080013366217528
【魔女の宅急便】一度は行ってみたい世界の絶景!誰も知らないドゥブロヴニクの絶景穴場スポット!【紅の豚】

まいど\(^o^)/ 「魔女の宅急便」や「紅の豚」の舞台になったと言われているク …